トップページへ
サイトマップ
 TOP > 民商とは

 民商(民主商工会)は、中小業者の営業と生活・権利を守り、経済的・社会的地位の向上をめざして作られた、自主的・民主的な団体です。

 帳簿に基づいて自分で税額を計算し、自分の責任で納税する「自主記帳・自主計算・自主申告」、金融対策や税金対策などに頭を痛める中小業者の悩みに応える「なんでも相談会」をはじめ、消費税増税反対・廃止、大型店の出店規制、商店街や地場産業の振興 など、地域に根ざした中小業者の事業を守り発展させる運動に取り組んでいます。

 会員は、主に中小零細な商工業者で、その業種は、小売業、卸業、サービス業、建設業、飲食業など多岐にわたっています。


全国商工新聞


読んで元気が出る、商売の役に立つ【全国商工新聞】を読みませんか。

  1. 不況や重税をのりきる知恵と工夫がいっぱい!
     北海道から沖縄まで、毎日一所懸命がんばっている仲間たちの貴重な経験、成功例、教訓など生きた情報を満載。あなたと同じような悩みをかかえた業者が、仲間と力をあわせて解決した例がいきいきと報道されています。

  2. 営業にほこりをもち、勇気がわいてくる
     地域になくてはならない中小業者の役割に光をあてている新聞です。自民党政治は消費税増税と大企業のための規制緩和の推進で、中小業者の営業とくらしをいっそう苦しめるものとなっています。『全国商工新聞』は政治と経済のしくみを中小業者・国民本位に切りかえることを呼びかけています。

  3. 楽しく、親しみやすい紙面です
     大きな活字で読みやすく、月1回はカラフルなカラー印刷です。業界ミニ情報、税金・法律・医療・教育相談、読者のひろば、パズル、漫画など、すぐ役立つことから娯楽までバラエティーな紙面で、家族で楽しみながら営業のこともわかると好評をいただいております。
大判8ページ/週刊
(月1回はカラー印刷)
1ヶ月
 500


購読の申し込み
Copyright 2004 Kasuga-Nakagawa minshu syoukoukai All Rights Reserved